輪島朝市いってみた

朝市で売られるものに「値札」はあまり付いていません。値段は交渉しだい、買い手も売り手もこれを楽しんでいるのです。
輪島を訪れた都会の主婦は「朝市で買って、料理をすれば、どんなに楽しいだろう」、

「活きのいい魚、艶のある野菜、気安く、気軽に買える輪島の朝市が何よりもうらやましい」と言います。

 

360メートルの通りに200以上の出店が並び、元気なおばあちゃんたちの「こーてくで~」(買って行って~)の声が響き渡ります。

おばあちゃんたちと値段交渉して、新鮮な魚介類を買っていくのが醍醐味の朝市ですが、朝市の中にはおいしいものがたくさん!
輪島の朝市で手軽に食べられるおやつやお刺身を紹介します!

 

 







輪島の朝市と言ったら新鮮なお魚。
魚を堪能しなければ輪島の朝市に来た意味がないということで、食べ歩きしたい食べ物第1位は「朝市さかば」の刺身。

立ち飲み形式の酒屋さんですが、輪島の新鮮な魚を買うだけでなく、その場ですぐに食べたい!というニーズに応え、テイクアウトも販売するようになりました。

季節の魚を200円~というリーズナブルな値段で提供しています。中でもおススメは、写真のヘルシー串刺身!串に刺さっているので、食べやすい!持ち運びしやすい!

はも、ぶり、甘エビはいずれも肉厚で甘みがあり口の中でとろけるおいしさ。

ツマの代わりはきゅうりとみょうがの千切り!これがさっぱりしていて刺身とよくあう!

刺身といえば、やっぱり日本酒を飲みたくなりませんか?

 

 

 




世界農業遺産に認定された、新潟県の佐渡と能登。輪島サイダーは世界農業遺産「能登の里山・里海」をイメージ

輪島サイダー(里海)。マリンブルーのパッケージを横切るように泳ぐ人影。海女さん

能登半島の北約50kmのところに浮かぶ舳倉島(へぐらじま)は、

350年以上の海女漁の歴史があり、海女の数は日本一

舳倉島でとれた塩を使った塩の微炭酸サイダー。

すっきりと飲みやすく、甘さも控えめ。甘いお菓子と一緒に飲むのがベスト!

輪島サイダー(里山)は、国指定名勝「白米千枚田」をイメージ

 

日本の古き良き時代を連想させてくれます。

千枚田で取れたお米を使ったこちらも微炭酸サイダー。

女子的なサイダーです。

 

Source: 能登

関連記事

  1. 輪島朝市20171015

  2. 白米千枚田 あぜのきらめき

  3. 8月最終日の輪島の海

  4. 稲刈り直後の千枚田

  5. 輪島 白米千枚田

  6. Hello world!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Booking.com

.


Booking.com





ターマルウォ―タークレンジン

Booking.com
babyblue.jp